親の会
親の会とは
生野学園には生徒の親たちで組織する「生野高星親の会」があります。
この会は「子どもは親とともに成長するもの」という考えのもと、子どもを学園にあずけっぱなしにするのではなく、 親が積極的に学び、子どもと向き合っていくことをめざし活動をされています。実際、親御さんたちが単に子どものことだけでなく、自らの生き方も問い直し、より深く広い立場から子どもに向き合うようになると、子どもたちも安心して生き生きとした姿を見せてくれるようになります。
親の会は 2ヶ月に一度の定例会をひらき、様々な方の話を聞いたり、同じ悩みを持つ親同士が夜遅くまでざっくばらんに語り合い、 時には親同士で思いっきり遊ぶことで研鑽・交流を深めておられます。
また定例会以外にも学年会、母会、父会、中学会など様々な形態、場所での会合も開催されています。
なお高星(たかぼし)という名前は生野学園の背後にそびえる高星山にちなんだものです。
定例会の学年会の様子です。
2ケ月に一回の定例会。保護者の方が主体的に運営します。
懇親会です。子どもへの関わり方など、お互いの不安や悩みを自由に語り合える場となっています。
学園行事へも参加していただいています。